1.通信制課程の概要

(1)

「初志貫徹」を校訓としています。15歳から70歳代までの幅広い年齢層の人たちが,助け合い,励まし合って学校生活を送っています。


(2)

本校通信制課程は,「仕事や家庭の都合等で毎日は通学できないが,高等学校の卒業資格を得たい。生涯学習のために学びたい。」という人のために,面接指導,添削指導及び試験によって、高等学校普通科の通信制教育を実施しています。卒業資格は,高等学校全日制課程と同等です。高等学校の専門学科を卒業した人も入学することができます。

(3)

正規面接指導は,月に2回〜3回,年間に27日〜30日(面接授業18日,定期試験4日,学校行事等5日〜8日),主に日曜日に実施します。
また,特定の火曜日(年9日),金曜日(年7日)、土曜日(年2日)に正規面接指導の欠席者を主対象に補充面接指導を実施します。

(4)

学習内容は,高等学校全日制課程の普通科とほぼ同じです。
登校しない日は,教科書や学習書をもとに自宅で勉強し,主に学習課題(レポート)を作成します。
レポートは,週に2通〜3通,年間におよそ60通を提出し,添削指導を受けます。

(5)

修業年限は3年以上です。
日曜日の正規面接指導に出校するだけの方法では4年以上かかりますが,
本人の努力により,本校通信制課程内での併修(補充面接指導に出席)や
高等学校卒業程度認定試験(高認)の合格科目の単位認定等によって,
3か年で卒業することもできます。

(6)

現在高等学校に在籍中で単位修得見込みの人や
過去に高等学校に在籍して単位を修得した人は,
本校通信制課程の相当学年に転入学・編入学をすることができます。
ただし,この場合は,新入学とは別の手続きが必要です。

(7)

高等学校定時制課程に在籍する人には,
本校通信制課程で一部の科目を履修し単位を修得する「定通併修」の制度があります。
これにより在籍高等学校を3か年で卒業することができます。

(8)

高等学校に正規に入学する資格のない人は,
特科生として入学でき,希望する科目(単年度5科目以内)を受講することができます
(単位の修得や高等学校卒業資格の取得はできません)。


ページトップへ戻る